主にAndroidのカスタマイズ関係について書いていきます

2013/09/02

おまけ:店頭から消えるスマートフォンアクセサリー

ワッフルを食べてきました!」のおまけとして書いていたものですが、おまけが本編よりも長くなってしまったので、こちらに分けて書きました。

Nexus7(2013)を初めて触ってきました。


さて、折角渋谷に行ったのでヤマダ電機LABI渋谷に寄り、8月28日に日本で発売されたばかりのNexus7(2013)を見てきました。


持ってみた第一印象としては「軽い」でしたね。
Nexus7(2012)の重さが340グラムなのに対してNexus7(2013)の重さは290グラム。50グラムの差は大きいです。
それに画面がフルHD化され、今まで以上に美しい画面に見とれてしまいました。
また、旧型よりも少し細長くなり、表面積的には大きくなっているものの、スタイリッシュな格好良さが見られましたね~
店内のWiFiに接続されていたため、Quadrantでベンチマークを測ってみたのですが、結果はなぜか4600ほど。少し低い気がします……


HTC J butterflyのケースを買ってきました!

ケースのみ

装着時

装着時(裏)
最近ごにょごにょ(SIMフリー化)したことで外での活躍も増えてきたため、ソフトケース(ソフトジャケット)を買ってきました。
ソフトケースとは、ハードケース(プラスチック)とシリコンケースの中間に位置するケースと考えていいと思います(多分)。
ソフトケースはTPU素材(熱可塑性ポリウレタン樹脂)でできており、シリコンケースに比べてやや硬くなるものの、シリコンケースにありがちな伸びがあまり見られないものです。(もちろん、地面に落とした時の衝撃はシリコンケースの方が吸収しますが……)


店頭から消えるスマートフォンアクセサリー



日本では主に3つのキャリアから毎年多くの種類のスマートフォンが発売されていますが、一つ思うのは
家電量販店の店頭からスマートフォンアクセサリーが消えていくのが早い
ということですね。
このHTC J butterflyも2012年の12月に発売されてからまだ9カ月も経っていない端末なのに、ケースが数種類しか置いていない状態でした。
今日は探しませんでしたが、現在使用中のMotorola RAZR(IS12M:2012年3月発売)のものなんてもう売っていないんじゃないでしょうか(私の勝手な予想です。売っていたらすみません)。

基本的に3つのキャリアに共通して「2年縛り」というものが存在しており、端末代も24か月分割での販売や、24か月間端末代が割引されるサービスを行っております。
しかし、その2年の間に使っている端末のアクセサリー(ケースや保護フィルムなど)が店頭から消えてしまってはユーザーにとって不便極まりないように思えます(実際私も探すのに苦労します)。
もちろん、通販サイトなどを見るとまだ取り扱っている機種も多いのですが、それでも店頭で手に取って、ケースがどんな感じなのかを確認したい人も多いのではないでしょうか。

何となく思って書いてみました。

こう考えると、アクセサリーに互換性のあるiPhoneは良い選択をしていると思います。


0 コメント:

コメントを投稿

Google+ Badge

お世話になっているサイト様

HTCの情報を発信しているサイトです。

HTC端末の改造などについて解説をしているサイトです。Sense 6 ROMも公開されています。

Xperiaのrootkitなどを公開されています。こちらのブログでもprerooted.zipなどでお世話になっています。

NexusやLG G2などの改造、Android全般のカスタム関係について解説しています。

主にHTC端末のカスタムについて解説をしています。

いわゆる154氏のサイトで、GXのカスタムROM等公開されています。

※勝手にリンクさせていただいております。何か不都合または紹介文の変更等ある場合はご連絡ください。

所持端末一覧

IS05(2.3.4)
HTC EVO WiMAX(4.4.4)
HTC EVO 3D(5.1.1)
Nexus 7 2012(7.0)
Xperia GX(5.1.1)
Motorola RAZR(6.0.1)
P-01D(2.3.4)
HTC J butterfly(7.1.2)
Xperia Z(7.1.2)
HTC J One(7.1.2)
HTC One M8(6.0)
Moto 360 1st gen(6.0.1)
Nexus 9(7.1.1)
NVIDIA SHIELD Pro(7.0)
Moto X Style(6.0)
Powered by Blogger.