主にAndroidのカスタマイズ関係について書いていきます

2014/01/27

Xperia ZにXpozedを導入しました!

こんばんは。

さて、前回Xperia Zの中身(ROM)を色々弄っていたわけですが、結局カスタムROMから標準ROM(ストックROM)へと戻すことにしました。

ROM焼き日記はこちらです。→Xperia Zを色々弄ります! ~内観~
たくさんアクセスしてもらっています。ありがとうございます!!

上のROM焼き日記でも書いた通り、XperiaではAndroid 4.3のROMにおいて簡単にroot化が出来なくなっています。
ftfを焼いてroot化という手順ではなく、root化済みのROMを焼く、という手段を取りました。

さて、せっかく焼いたAndroid 4.3なXperia Zですが、そのままにしておくのはもったいないのでずっと気になっていたXposedを導入してみました



Xposedとは?

Xposedとは簡単に言うと端末のシステムやアプリの挙動を、他のアプリケーションの改変なしに弄ることが出来るものです。
つまりシステムを弄らないので、基本的にroo化されたすべての端末、すべてのROMでモジュールを利用することが可能、ということです。もちろん、端末間に差はあるので追加できない機能がある場合もあります。

少し前まではCWMなどのリカバリからしか導入できなかった(記憶がある)のですが、最近はapk単体で導入することが出来るようになり、導入しやすく非常に便利です。

※Xposedはroot化が必要なアプリです。モジュールの組み合わせ次第で何が起こるか分かりません。導入は自己責任でお願いします。


さて、早速導入します。
Xposed Installerは普通はこちらからapkをダウンロードできるのですが、Xperia端末ではここでダウンロードしたものは使えませんでした。

どうやらXperia用のXposed Installerがあるらしく、それをダウンロードします。

xdaへのリンクはこちらです。→Xposed2.4.1 for Xperia (Z1 4.3 can use)
XposedInstaller_2.4.1-xperia.apk 直にダウンロードリンクへと繋がります。

フレームワークメニューにて「インストール/更新」を押します。
インストールが完了したら、再起動をかけ、導入完了です。


上の画像のようになっていればOKです。

続いてモジュールの導入に移りたいと思います。

モジュールとは?

Xposedがシステムを弄るための環境を整えるものであるならば、モジュールはシステムを弄るためのツールでしょうか。

モジュールを使うことで色々な機能を端末に追加することが出来ます。

モジュールの導入方法は、ダウンロードメニューから導入したいモジュールを選び、インストールする感じです。
インストール後はモジュールメニューでモジュールを有効にしてから再起動をかけます。


上の画像のインストール済みのところに表示されているものが、私がXperia Zで導入しているモジュールです。
簡単に紹介していきます。


Gravity Box[JB]

有名なモジュールの一つです。Gravity Boxのみでほとんどの機能を追加できるため有能です。
ステータスバーやナビゲーションバーの透過や色変更、ロック画面設定など色々な機能があります。




例えば最近使ったアプリ一覧にRAMの使用状況を表示したり、すべて終了ボタン(左下のバツ印)を追加したりできます。(ドコモ版ではすべて終了ボタンは最初からありますが……)

他には、ホームボタンを上にスワイプしたときに出てくるナビバーリングも変更することができます。


標準ではこのようにGoogle Nowの起動しかできませんが……


このようにアプリを5つまで増やすことが出来ます。


また、ナビゲーションバーのボタンで長押しや二度押しに機能を追加することができ、このようにアプリランチャーを表示することもできます。

ただ、このGravity Box、相性が悪いのか再起動をしたときにブートループに入ってしまう問題が私の端末で起きています
Gravity Boxの再インストールや機能のオンオフなど色々試してみたのですが、何が原因でこの問題が起きているのかはよく分かりませんでした。
アップデートにより再起動問題は解決しました。


何となくですが、電源設定の部分で「再起動の確認をする」にチェックを入れるとブートループしないような気もします。


20MP SuperiorAuto

Android 4.3なXperia Z1及びXperia Zにおいて、カメラのプレミアムおまかせオートモードで撮影する写真の画素数を上げるものです。
Xperia Z1では20MPでの撮影、Xperia Zでは12MPでの撮影となります。


SystemUI Patcher

Android 4.3なXperiaではNova Launcherなどのサードパーティーホームアプリでステータスバーやナビゲーションバーの透過が出来なくなっています。
このモジュールはその問題を解決できるはずなのですが……今のところステータスバーの透過にしか対応していません。
ナビゲーションバーの透過にも早く対応してくれるとうれしいのですが……。
他にも機能はいくつかあります。

GEM Xperia Xposedにてナビバーなどの透過が出来るようになりました。
詳しくはこちらに書いてあります。→Android 4.3なXperia Zでステータスバーとナビゲーションバーを透過しました!(更新)

WedyMod-res

Xperia用のモジュールです。
ドック接続時の自動回転を無効にする機能や、ロック画面での回転を有効にする機能などがあります。
私は充電完了時にLEDを消灯する機能のために導入しています。


他にも色々なモジュールがあります。
色々試してみてはいかがでしょうか。

Xposedを導入すると少し電池消費が早くなったりします。
また、モジュール同士が干渉しあい、動作が不安定になるケースもあります。複数のモジュールの導入は慎重に行いましょう。

日本のXperiaのようにカスタムROMを導入できない端末でも簡単にカスタムROMに入っているような機能を追加できるのは魅力的ですよね!

楽しみましょう!!


0 コメント:

コメントを投稿

Google+ Badge

お世話になっているサイト様

HTCの情報を発信しているサイトです。

HTC端末の改造などについて解説をしているサイトです。Sense 6 ROMも公開されています。

Xperiaのrootkitなどを公開されています。こちらのブログでもprerooted.zipなどでお世話になっています。

NexusやLG G2などの改造、Android全般のカスタム関係について解説しています。

主にHTC端末のカスタムについて解説をしています。

いわゆる154氏のサイトで、GXのカスタムROM等公開されています。

※勝手にリンクさせていただいております。何か不都合または紹介文の変更等ある場合はご連絡ください。

所持端末一覧

IS05(2.3.4)
HTC EVO WiMAX(4.4.4)
HTC EVO 3D(5.1.1)
Nexus 7 2012(7.0)
Xperia GX(5.1.1)
Motorola RAZR(6.0.1)
P-01D(2.3.4)
HTC J butterfly(7.1.2)
Xperia Z(7.1.2)
HTC J One(7.1.2)
HTC One M8(6.0)
Moto 360 1st gen(6.0.1)
Nexus 9(7.1.1)
NVIDIA SHIELD Pro(7.0)
Moto X Style(6.0)
Powered by Blogger.