主にAndroidのカスタマイズ関係について書いていきます

2014/02/20

【CWM】Android 4.3なXperia GXに154Modを導入しました!【更新】

さて、root化したXperia GXですが、キューブさんが4.3用のCWMを作ってくれたので早速導入してみました!

root化はこちら→【root化】Xperia GXにAndroid 4.3(9.2.A.0.295)を焼いてみました!

【追記】20140311
9.2.A.1.199へアップデートしました。
【root化】【更新】Xperia GXを9.2.A.1.199(Android 4.3)へアップデートしました!
おそらく問題はないようです。

・CWM導入

【更新】20140221
キューブさんがCWMの更新をしてくれました。

インストールする際はこちらをお使いください。



キューブ実験室: 【CWM】Android 4.3 Xperia用のCWM6-cDM v2.5 vfix2
CWM6-cDM_v2.5_vfix2についてはキューブさんのページをご覧ください。

バックアップファイルの日付が日本時間になっていることを確認しました。

・導入方法
端末の設定→開発者向けオプションからUSBデバッグをオンにして、パソコンにつなぎ、install.batを実行するだけで導入できます。
キューブさん、ありがとうございます!
※CWM6-cDM_v2.5_vfixを導入していても、CWM6-cDM_v2.5_vfix2を上書きしても問題ないです。


途中、SU権限が確認されるので、承認して下さい。

※開発者向けオプションは端末情報のビルド番号を何度かタップすると出せます。

・CWMへの入り方
端末起動時にブルッ、と端末が振動して青いLEDがつくので、その状態で何度かボリュームキー下押しで入れます。入れるときはLEDの色が青から黄色に変わります。


CWMを使ってみました。インストール、ワイプ、バックアップ、リストアなどの基本的な操作は問題なく行えています~。

・154Mod導入

GXのカスタマイズで大活躍をしていた154氏が4.3ROM用にModを作ってくれていたので、導入してみました!

437 :154:2014/02/19(水) 23:42:33.68 ID:0M/9dQTA
T.TX.Vの9.2.A.0.295用にシステムやドコモの機能を追加するModを作りました。odex、deodex両対応です。
CWM6-cDM_v2.5_vfixでインストール確認しています。

機能
・標準ブラウザ
・モバイルブラビアエンジン2
・ホワイトバランス
・myXperia
・Z1風の全アプリ終了ボタン
・SENアカウント
・SO-04E Xperia feat. HATSUNE MIKUの専用アプリをPlayストアからインストール可能にする
・blue世代には含まれないアプリ
・ドコモアカウント
・docomo ID設定
・ドコモアプリ管理
・ドコモクラウド
・ドコモ絵文字
・ドコモメール
・エリアメール
・Build.propをGXとして偽装
・Build.propをAXとして偽装

https://www.mediafire.com/?d6rb7yz3h0fdm1p

アンインストールはAromaからできます。
【ROM焼き】docomo Xperia GX/SX SO-04D/05D root1より抜粋。

154さん、ありがとうございます!

インストールはCWMから行います。
install zipからT.TX.V.4.3_VariousMod.zipをインストールすると、Aromaインストーラーが起動します。


このようにAromaインストーラーが起動します。
開始を選択します。


まずは追加機能一覧と説明があります。


次に進むと追加する機能の選択画面があります。


私が選択した機能は以下の通りです。
追加した機能
・標準ブラウザ
・モバイルブラビアエンジン2
・ホワイトバランス
・myXperia
・SENアカウント
・blue世代には含まれないアプリ
・Build.propをGXとして偽装

ドコモ系のアプリは私は使わないので追加しませんでした。ドコモメールなど使うかたは追加してみるといいと思います。


インストール完了。このあと再起動して終了です。

少し気になる点が……。


154Modを導入後、CWMからreboot systemを選択するとこのような表示が出てきました。
何度か試してみましたが、おそらくYes/Noのどちらを選択しても問題ない、はずです……。


導入後ですね。
ホワイトバランスの調整が効くようになったのはありがたいです。
しっかりと動作していました!


モデル番号もSO-04Dになっていました!
ただここでも一つ気になる点が……。
Androidバージョンが4.1.2になってるんですよね。
もしかしたらMIKUフォンの導入に必要なのかもしれませんが、私は気持ち悪いので4.3に書き換えました。

※ドコモクラウドなどのドコモ系アプリ、サービスを使う人はbuild.propを書き換えず、バージョンを4.1.2のままにしておいて下さい。アプリの更新などが出来なくなるようです。


書き換え方は以下の二つがあります。

①zipの中のbuild.propを書き換える。

T.TX.V.4.3_VariousMod\option\GXprop内のbuild.propを開きます。

48行目の「ro.build.version.release=4.1.2」という記述を、「ro.build.version.release=4.3」と書き換えます。

その後ファイル全体をを再圧縮してリカバリからインストールします。

②ESファイルエクスプローラ等を使ってbuild.propを書き換える。

ESファイルエクスプローラで/system/build.propへアクセスします。

①と同様に「ro.build.version.release=4.1.2」という記述を、「ro.build.version.release=4.3」と書き換えます。

その後再起動をします。

これで端末情報のAndroidバージョンは4.3になりました!

このModはTX化したGXだけでなく、V化したAXでも使えるようです。
ありがたいですね。

端末のカスタマイズをしてくれる方々に感謝が絶えませんね。
いつもありがとうございます!




  4 件のコメント:

  1. 4.3用のCWMですが、日付時刻の件を修正したvfix2を公開しておりますので、またご確認いただければ幸いです。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。導入後、日付の修正を確認しました。インストール、ワイプ、バックアップ、リストアも問題ありませんでした。

      削除
  2. 報告です。
    Androidバージョンの表記を4.1.2にしておかないと、ドコモ系アプリのアップデート、ドコモクラウドあたりが使えなくなりますね。

    返信削除
    返信
    1. なるほど。ドコモ系のサービスを使う人は4.1.2のままにしないといけないんですね。ありがとうございます!

      削除

Google+ Badge

Blog Archive

お世話になっているサイト様

HTCの情報を発信しているサイトです。

HTC端末の改造などについて解説をしているサイトです。Sense 6 ROMも公開されています。

Xperiaのrootkitなどを公開されています。こちらのブログでもprerooted.zipなどでお世話になっています。

NexusやLG G2などの改造、Android全般のカスタム関係について解説しています。

主にHTC端末のカスタムについて解説をしています。

いわゆる154氏のサイトで、GXのカスタムROM等公開されています。

※勝手にリンクさせていただいております。何か不都合または紹介文の変更等ある場合はご連絡ください。

所持端末一覧

IS05(2.3.4)
HTC EVO WiMAX(4.4.4)
HTC EVO 3D(5.1.1)
Nexus 7 2012(7.0)
Xperia GX(5.1.1)
Motorola RAZR(6.0.1)
P-01D(2.3.4)
HTC J butterfly(7.1.2)
Xperia Z(7.1.2)
HTC J One(7.1.2)
HTC One M8(6.0)
Moto 360 1st gen(6.0.1)
Nexus 9(7.1.1)
NVIDIA SHIELD Pro(7.0)
Moto X Style(6.0)
Powered by Blogger.