主にAndroidのカスタマイズ関係について書いていきます

2014/09/14

SAO Launcherを使ってみました!part2

さて、SAOもGGO辺が佳境に入ってきたところですが、とりあえずもうちょっと早く進んで欲しいですね(原作読者としては)。

以前このブログでも紹介したSAO Launcherですが、かなり進化していたのでまたレビューをしてみたいと思います!


以前のレビュー→SAO Launcherを使ってみました!
もうほぼ1年前ですね。

SAO Launcher
カテゴリ: ツール
Android app on Google Play

さて、インストール後に起動して見ます。




一番上のSMSの項目をオンにするとSMSをこのアプリで利用することが出来ます。

MMSはよく分からないので割愛します。



タブのデザインも洗練されましたね。
まずはオプションを見てみます。




全体としてはこんな感じですね。今回のレビューでは無料版のみになります。
プロ版へのアップグレードは499円となります。
完成度も高いので、気に入った方は購入しても問題ないと思います。



まずはスワイプの設定からです。



インジケータを表示してから編集するのが良いでしょう。
編集可能な項目は場所とインジケータの幅、高さとなります。




なお、左側にインジケータがあれば左側に、右側に在れば右側にアイコンが表示されます。
1年前と違う点は、無料版ではインジケータを1つしか配置できず、複数配置することが出来ない、という点です。



連絡先の設定です。
非表示にする連絡先を選んだり、並び替えが出来たりします。




サウンド設定では、スワイプして開いた時の音を「システム」、「通知」、「メディア」のどれにあてるかを選択できます。



SMSの設定ではSMSの有効、無効の選択ができます。


言語の設定では言語を選択できます。
Englishを選択すると格好よくなりますよ(笑)



順序と可視性、ではランチャーに表示する項目と順番を変えることができます。



その他の設定はこのような感じです。

プレイヤ画像の変更はプロ版のみで可能となります。



さて、設定も終わったところでランチャーを見てみましょう。
「沙綺」は先ほどのユーザー名のところで変更が出来ます。



この画像で表示されている黒〇の部分はアプリランチャーになっており、タップして表示するアプリを選択できます。



このような感じですね。一度選択したアプリを変更する場合は長押しをして再選択します。



二人並んでいるアイコンは連絡先になります。
個人情報保護のため、苗字の最初の文字のみ表示しています。
名前をタップすることで電話をかけられたり、SMSを送ることができたりします。



マップでは現在位置が青い点で表示されます。
住んでる場所がバレるので東京駅を表示しています。
検索バーはプロ版で利用できます。



最後はアプリランチャーですね。
以前のものよりも表示スペースが広くなり、使いやすくなっています。



なお、最初の設定でSMSを有効にすると、SMSの項目が追加されます。


・テーマ

前回との大きな違いは、テーマが充実してきたことにあります。
以下ではそれぞれのテーマを紹介していきます。



設定アイコンをクリックして「ストア」を選ぶとPlayストアにあるSAO Launcherで利用できるアプリが表示されます。

テーマは上の5つがあります。
SAO HD Themeはデフォルトと変わっていない気がしました。おそらく解像度が高い端末で綺麗に見えるのでしょう。



テーマをインストールすると設定からテーマを変更ができます。
テーマを変更すると、ランチャーを開いた際のサウンドも変更になります。


SAO Gun Gale Theme 1.2
カテゴリ: カスタマイズ
Google Playで詳細を見る



まずは現在アニメ放送中のGGOのテーマです。



雰囲気がガラリと変わりましたね。


SAO KitKat Theme
カテゴリ: カスタマイズ
Google Playで詳細を見る



続いてはKitKatテーマです。



プレイヤ画像がドロイド君になりましたね。
アイコンもGoogle純正っぽくって普段使いにも良さそうです。


SAO Colors Theme
カテゴリ: カスタマイズ
Google Playで詳細を見る



次はKitKatのテーマをカラフルにしたものです。



こちらも使っていて楽しそうですね。


SAO New Age Theme 1.0
カテゴリ: カスタマイズ
Google Playで詳細を見る



こちらのテーマはなかなかクセがありそうです。



色々とテーマが選べるのはとても魅力的ですよね!


・拡張機能

最後に拡張機能です。


拡張機能は現在4つあります。
これらのアプリは「Unit Converter」を除き「アプリ内購入」となっており、一度購入すると払い戻しができません。お気を付けください。ただ、価格は99円となっているので、手が出しやすいと思います。

今回は無料の「Unit Converter」を紹介します。


Unit Converter 1.6
カテゴリ: ツール
Google Playで詳細を見る



このアプリはSAO Launcher向けに開発されたものではなさそうですが、以下の画像のように利用が出来るようになります。



アプリランチャーの下に表示されたアイコンがそのアプリです。



起動するとこのような感じになります。


SAO Dialer Extension
カテゴリ: 仕事効率化
Google Playで詳細を見る




SAO Calculator Extension
カテゴリ: 仕事効率化
Google Playで詳細を見る




SAO Music Extension 1.3
カテゴリ: エンタテイメント
Google Playで詳細を見る




その他の拡張機能についてはPlayストアを確認してみて下さい。
かなり完成度が高く、使ってみるのも良いと思います。

1年前よりもかなり機能が充実し、普段使いも問題ないくらいになっているので、気になった方は使ってみてはいかがでしょうか?
私もかなり心が揺れているので、そのうち使い始めるかもしれません(笑)

長々とありがとうございました。


  2 件のコメント:

  1. 初めまして
    何時も楽しく拝見させていただいております。
    私も、sao ランチャーを愛用してたので、懐かしくなりました。
    現在はもっぱらcustom ROMを試しております。
    昔と比べれば、custom ROMも安定感が増してきた感じです。
    今、pac romが面白いですよ(^-^)
    又、機会があれば試して見て下さい

    返信削除
    返信
    1. いつもありがとうございます!
      そしてこんな拙い内容ですみません。がんばります。

      昔使っていたアプリに再会すると、懐かしい気持ちになりますね~。

      カスタムROMは昔から使ってますね。
      CMやAOKP、Paranoid、それらを合わせたPAC-man、LSやevervolvなどですね。最近はあまり色々なものは導入していないですね。
      PAC-manも最近焼いていないので、今度焼いてみます!
      あと最近はMAHDI-ROMが有名みたいですね。

      日本でのROM焼きは(Nexus以外だと)基本的にポートしてくれる人がいないと成り立たないので、なかなかやりづらいですよね。
      開発者の方にはいつも感謝の気持ちでいっぱいです。

      削除

Google+ Badge

お世話になっているサイト様

HTCの情報を発信しているサイトです。

HTC端末の改造などについて解説をしているサイトです。Sense 6 ROMも公開されています。

Xperiaのrootkitなどを公開されています。こちらのブログでもprerooted.zipなどでお世話になっています。

NexusやLG G2などの改造、Android全般のカスタム関係について解説しています。

主にHTC端末のカスタムについて解説をしています。

いわゆる154氏のサイトで、GXのカスタムROM等公開されています。

※勝手にリンクさせていただいております。何か不都合または紹介文の変更等ある場合はご連絡ください。

所持端末一覧

IS05(2.3.4)
HTC EVO WiMAX(4.4.4)
HTC EVO 3D(5.1.1)
Nexus 7 2012(7.0)
Xperia GX(5.1.1)
Motorola RAZR(6.0.1)
P-01D(2.3.4)
HTC J butterfly(7.1.2)
Xperia Z(7.1.2)
HTC J One(7.1.2)
HTC One M8(6.0)
Moto 360 1st gen(6.0.1)
Nexus 9(7.1.1)
NVIDIA SHIELD Pro(7.0)
Moto X Style(6.0)
Powered by Blogger.