主にAndroidのカスタマイズ関係について書いていきます

2014/11/14

Nexus 7 2012でAndroid 5.0 Lollipopの新機能を試してみました!

Android 5.0 Lollipopの新機能を、アップデートしたNexus 7 2012で試してみました!


今回のアップデートは4.Xから5.Xへのアップデートとなり、大幅に機能などが追加・変更されています。私もまだすべての変更点が把握しきれていないのですが、分かっている範囲で紹介します!

アップデート方法はこちらです。
Nexus 7 2012にAndroid 5.0 Lollipopを焼いてみました!


気になる新機能・変更点


マテリアルデザイン


やはり何と言ってもマテリアルデザイン。
今回のアップデートではデザインのコンセプトがかなりしっかりとしており(今までもJBは水色、KKは白といったイメージカラーはありましたが)、見た目がかなりかっこよくなっているのが最大の特徴です。

アニメーションも凝っており、面白いです。

Tap and Go

まずはNexus 7を5.0へアップデートした時にも紹介したタップ&ゴーです。


こちらはアカウントの認証の際に、NFCを通して他の端末からアカウント情報やアプリのデータなどを引き継ぐことが出来る機能です。
HTC One M8で試してみたところ、アカウントの引き継ぎは出来ましたが、アプリデータの引き継ぎは上手くいきませんでした。


通知領域・クイック設定パネル


通知はこのようになっています。通知削除ボタンが下に来たのが印象的ですね。



また、通知をさらに下へスワイプすると、クイック設定パネルが現れます。
今までは通知パネルとクイック設定パネルは分離していて、クイック設定パネルを表示するのが少し面倒でしたが、これは使いやすいと思います。

さらに、設定によってパネルに表示されるボタンも変わります。


ロック画面通知

ロック画面も大幅に変更され、4.4まであったロックスクリーンウィジェットが廃止され、通知が表示されるようになりました。


ロック画面にウィジェットを置けるのは良かったのですが、結局Dash Clockくらいしか使っていなかったので、この変更はありだと思います。
また、HTC Senseではロックスクリーンに通知を表示できるのですが、表示できる内容が限られていたので、5.0へのアップデートで多くの通知を表示できそうで楽しみですね。


アプリ履歴


アプリ履歴も刷新され、カードスタック形式になりました。今までのも好きだったのですが、マテリアルデザインとして、紙の重なりを意識したかったのでしょう。

画面の固定

アプリ履歴から使える機能として、画面の固定というものがあります。



この機能は、端末で使えるアプリを固定するというものです。
誰かに端末を貸さなければならなくなったとき、画面の固定をすればメールなど他のアプリをのぞかれなくなります。



この機能を有効化すると、アプリ履歴にピン留めマークが出てくるので、それを押せば開始されます。
また、画面にロックをかけていれば、終了時にロック画面に戻ります。
こういったセキュリティーが充実していくのは良いですね。


ゲストモード

今までもタブレットでは複数のアカウントで使い分けられたのですが、今回からゲストモードが追加されました。


一時的に端末を貸すといったことも出来そうですね。



ゲストの追加はロック画面(ロックをかけてない時)や通知領域から行うことが出来ます。


Smart Lock


今回、私が注目した最大の新機能・変更点はこの自動ロック解除機能となります。
ロックを設定すると、Smart Lockという項目が追加され、以下の二つの機能を使うことが出来ます。



信頼できる端末


BluetoothやNFCなどでロックを解除できる機能です。
Android Wearなどのウェアラブル端末で利用することで、その真価を発揮しそうです。


トラステッドフェイス


自動顔認証となります。
今までのAndroidでのフェイスアンロックは可能でしたが、5.0ではバックグラウンドで顔認証機能が動き、端末をアンロックすることが出来ます。



設定方法は、端末を目の高さに持って、画面で指定された場所に自分の顔を映すだけです。



このようになります。
ロック画面下の鍵アイコンによって、ロックされたかどうかが分かります。




上が認証失敗時。下が認証成功時です。
精度は、たまに失敗するくらいですね。成功率は高いです。
この機能が他の端末にアップデートで搭載されたときに、どのように使われるのかが楽しみです。


キーボード変更


キーボード変更ボタンがナビバーに表示されるようになりましたね。今までは通知領域で分かりにくかったのですが、こちらはパッと見て分かりますね。
ただナビバーがハードキーの端末はどのような挙動になるのでしょう……。


このような感じでしょうか。
Androidの新機能はかなり満足いくもので、とても楽しく弄ることが出来ました!


0 コメント:

コメントを投稿

Recent Posts

Google+ Badge

お世話になっているサイト様

HTCの情報を発信しているサイトです。

HTC端末の改造などについて解説をしているサイトです。Sense 6 ROMも公開されています。

Xperiaのrootkitなどを公開されています。こちらのブログでもprerooted.zipなどでお世話になっています。

NexusやLG G2などの改造、Android全般のカスタム関係について解説しています。

主にHTC端末のカスタムについて解説をしています。

いわゆる154氏のサイトで、GXのカスタムROM等公開されています。

※勝手にリンクさせていただいております。何か不都合または紹介文の変更等ある場合はご連絡ください。

所持端末一覧

IS05(2.3.4)
HTC EVO WiMAX(4.4.4)
HTC EVO 3D(5.1.1)
Nexus 7 2012(7.0)
Xperia GX(5.1.1)
Motorola RAZR(6.0.1)
P-01D(2.3.4)
HTC J butterfly(5.0.2)
Xperia Z(7.1.2)
HTC J One(4.4.2)
HTC One M8(6.0)
Moto 360 1st gen(6.0.1)
Nexus 9(7.1.1)
NVIDIA SHIELD Pro(7.0)
Moto X Style(6.0)
Powered by Blogger.