主にAndroidのカスタマイズ関係について書いていきます

2014/12/06

Xperia GXにCM12 (Android 5.0 Lollipop)を導入しました!

154氏がXperia GXにCM12 (Android 5.0 Lollipop)を作ってくれました!
154氏、あなたが神でしたか。
さすがにAndroid 4.4 KitKatまでかと思っていましたが、凄いですね。本当にどうやっているのでしょうか。


早速導入してみます。


※スマホの改造はあらゆる面で自己責任です。それを踏まえた上でroot化等行ってください。

最新の導入方法などはこちらです。
【ROM焼き】Xperia GXにEuphoria-OS-1.1を焼いてみました!

必要ファイル

【ROM焼き】docomo Xperia GX/SX SO-04D/05D root19©2ch.net
こちらから必要なファイルをダウンロードします。

---------------------------------------------------
【20150111】最新版があります。
詳しくは以下をご覧ください。
【ROM焼き】docomo Xperia GX/SX SO-04D/05D root19©2ch.net

また、リカバリはXTDualRecoveryを導入すると良いということです。
-=[XZDualRecovery]=-
PhilZ Touch 6.59.0 & CWM 6.0.5.0 & TWRP 2.8.3.0

こちらからXT-lockeddualrecovery2.7.159-BETA.flashable.zipをダウンロードし、CWM6-cDM_v2.5_vfix2_MultiRecovery.zipの代わりに用います。
---------------------------------------------------

・CWM6-cDM_v2.5_vfix2_MultiRecovery.zip
・LB-cm-12-20141205-UNOFFICIAL-hayabusa.zip
・TX.4.3_ramdisk_replacer_for_CM12.zip

また、Android 5.0 Lollipop用のGAppsもダウンロードします。
Google Apps
私が使ったGAppsはgapps-lp-20141109-signed.zipです。

導入手順

導入作業の前に一度すべての項目に必ず目を通してください
アプリのバックアップはTitanium Backupなどで事前に行っておいてください。

【ROM焼き】docomo Xperia GX/SX SO-04D/05D root19©2ch.net
こちらの注意事項も合わせて目を通しておいて下さい。

また、以下の操作は端末が9.2.A.1.215かCM10.2(Android 4.3)以上の状態から行ってください。

①現環境のリカバリへ再起動
リカバリ起動手順は以下の通りです。
(hijack-ramdisk環境下では)Sonyロゴでボリューム下を連続で押下すると、赤LEDが一度点灯します。
その後、リカバリ選択の青LEDが光るので、そこでボリューム下を押せばTWRPに入ります。
(ボリューム上でCWM-cDM、電源でCWM、画面タッチでPhilzに入ります。)

現状のバックアップ

フルワイプを行います(推奨)
system、data、cache、dalvik cacheのワイプを行ってください。不具合が出る可能性があります。

④「LB-cm-12-20141205-UNOFFICIAL-hayabusa.zip」をインストールします。

⑤「CWM6-cDM_v2.5_vfix2_MultiRecovery.zip」をインストールします。

⑥「TX.4.3_ramdisk_replacer_for_CM12.zip」をインストールします。

Gappsをインストールします。

⑧再起動

⑨初期設定後再起動
NFCサービスが初回起動時に暴走をするので再起動をかけます。(念のため)

これで終了です。
初回起動はかなり時間がかかるため、気長に待ってみてください。



Androidのバージョンは最近リリースされたばかりの5.0.1となっています。
動きもサクサクしていて、アニメーションが気持ち良いです。

GXはAndroid 4.0スタートであり、それが5.0まで来たと思うと、Androidの改造はやはり面白いと言わざるを得ませんね。

まだあまり触る機会の少ない、Lollipopですが、この機会に試してみてはいかがでしょうか?


LTE B19対応化について

AndMem管理人のぎんつば氏に協力してもらい、報告されていたB19対応化について検証をしてみました。
詳しくは以下の記事をご覧ください。

AndMem
【Xperia GX】【LTE Band19】Xperia GXのNTTdocomoプラスエリア(800MHz)対応化(デュアルバンド化)について

  18 件のコメント:

  1. 普及し始める前に数年前の端末で動かすとか154氏には頭が上がりませんねぇ。
    こういうのをみてると日本のキャリアが如何に腐ってるかわかってしまう。

    返信削除
    返信
    1. 本当に、154氏がいなければGXはもっと廃れていたでしょうね。

      まあ、もともとTXが4.3までですから、ここまで来たのはイレギュラーでしょう。何より、端末のアップデートを煩わしく思う人がいたり、行わない人もいるので、キャリアもアップデートする必要がないと思っているのでしょうね。
      アップデートしなくても、サポートが終了した端末はブートローダーのアンロックを出来るようにしてもらいたいものですね。そうすればもっと自由に遊べるのですが……。

      削除
  2. いつも拝見させていただいてます。
    何というべきか、154氏には本当に脱帽ですね。

    さっそく導入してみたのですが、root権限がなくなっており、モバイルデータも使えませんでした。
    まだまだ初心者で、何もわからないので教えていただきたいです。
    よろしくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. 確かにroot権限がなくなってますね。ROMの問題だと思われます。
      こちらでは導入してい無いのですが、154氏の投稿にあるSuperSUを焼くと良いかもしれません。

      モバイルデータ通信に関しては確認していませんが、まだCM12も初期の段階ですし、気長に待つのが良いと思います。

      削除
    2. 154氏の投稿にあるSuperSUを焼いたところ、root権限を確認できました。
      モバイルデータについては、気長に待ってみたいと思います。

      ありがとうございましたm(__)m

      削除
    3. こんにちは横から失礼しますこちらの方はモバイル通信が大丈夫だったようですhttp://bxk07344.blog.so-net.ne.jp/2014-11-24
      いいですねぇGX…私のSXは4.1止まりですから…

      削除
    4. 情報ありがとうございます!
      本当は自分で確認するべきなのですが……。

      SXはその小ささから人気がありますからね。
      それでLollipopとか使えるのであれば魅力的なんですけどね~。

      削除
    5. 早緑さん、ありがとうございます。
      早速やってみたいと思いますm(__)m

      削除
    6. どうも早緑です(汗)いえいえ、Googleで検索したら出てきただけなのでお気になさらず 5.0端末欲しさにちょっとお年玉でGX買ってきたんですが3G回線は使用可能だったのですがLTE回線が使用不可になってしまったのでとりあえずしばらくは4.4で
      運用することにします

      削除
  3. GXで5.0がサクサク動いてびっくりしています。
    ROMが1.97GBと10.85GBに分かれているのですが、まとめることはできますか?

    返信削除
    返信
    1. 恐らく無理か、かなり難しいものだと思います。
      パーティションを弄るのはSystemを弄るよりももっと深いところであるはずなので、出来たとしてもあまりおすすめは出来ませんね。
      こんな回答ですみません。

      削除
  4. いつも拝見させていただいています。
    154氏を初め、沢山の解説ありがとうございます。

    本当に快適で、楽しい限りです。
    一つ、不躾に質問させて下さい。画面をキャプチャではなく、別端末で撮影しようとしたら、接近センサーが細かく点滅していました。駆け足でAndroid5.0.1に落ち着いたので、他がどうかわかりませんが電池の減りにつながりますかね。

    因みに、私のGX。TWRPへの入り方がボリューム下を長押しでした。

    返信削除
    返信
    1. なるほど。確かに近接センサーが点滅していますね。
      点滅しているということは暴走していることになると思うので、おそらく電池の減りにつながると思います。

      長押しでもいけるんですね~

      削除
    2. 私の機種だけではないんですね。
      それでも、朝から今までで残86%、利用に不都合はありません。

      ※長押しで行けるというか、ボリューム上で突入できず、どうしたら良いか悩みました。機種は、今年8月に外装交換お願いしたところ、本体そのものが交換されてきた11年12月製です

      削除
    3. レポートです。
      昼休み、少しいじったら、あっという間に50%を割りました。
      昨晩起動してから、そのままでしたが、書き込みが出来ないくらい重くなりました。
      ご参考まで。
      ※製造年月は、逆ですね!すみません

      削除
    4. まあ、まだCM12も安定板ではないので、期待しすぎない方が良いということですね。
      報告ありがとうございます!

      削除
  5. XZdualrecoveryのリンク先が相変わらずわからない

    返信削除
    返信
    1. 返信が遅くなってしまい、すみません。
      上記ページの、INSTALLER: How to install using the installerというところからダウンロード先へのURLを見つけることが出来ます。
      なお、直リンクは
      http://nut.xperia-files.com/
      となります。

      記事内に直リンクを貼っていないのは、XZdualrecovery公式の注意事項などを読んでいただきたいためです。ご了承ください。

      なお、GXの場合は、XTdualrecoveryを導入してください。

      削除

Google+ Badge

お世話になっているサイト様

HTCの情報を発信しているサイトです。

HTC端末の改造などについて解説をしているサイトです。Sense 6 ROMも公開されています。

Xperiaのrootkitなどを公開されています。こちらのブログでもprerooted.zipなどでお世話になっています。

NexusやLG G2などの改造、Android全般のカスタム関係について解説しています。

主にHTC端末のカスタムについて解説をしています。

いわゆる154氏のサイトで、GXのカスタムROM等公開されています。

※勝手にリンクさせていただいております。何か不都合または紹介文の変更等ある場合はご連絡ください。

所持端末一覧

IS05(2.3.4)
HTC EVO WiMAX(4.4.4)
HTC EVO 3D(5.1.1)
Nexus 7 2012(7.0)
Xperia GX(5.1.1)
Motorola RAZR(6.0.1)
P-01D(2.3.4)
HTC J butterfly(7.1.2)
Xperia Z(7.1.2)
HTC J One(7.1.2)
HTC One M8(6.0)
Moto 360 1st gen(6.0.1)
Nexus 9(7.1.1)
NVIDIA SHIELD Pro(7.0)
Moto X Style(6.0)
Powered by Blogger.