主にAndroidのカスタマイズ関係について書いていきます

2015/04/11

HTC One M8をS-OFFしました!

お久しぶりです。
さて、発売からもう1年以上が経ったHTC One M8ですが、今更ながらS-OFFを行ってみました!


今までS-OFFをしてこなかった理由としては、まず必要がなかったこと、そして端末のアップデートにより出来なくなっていたからでした。



S-OFFとは

HTC速報にはS-OFF/S-ONの説明が以下のように書かれています。

Security OFF、Security ONの略。
HTCの開発者がHTC機を開発する際に使用しているモード。
改変範囲は広く、コマンドからCIDなどを改変できる。
本来セキュリティで保護されている部分のロックが無くなるため、署名をしていないファイルでも適用が可能になる。
スキップ範囲も多く、例えばRUU時にバージョン情報をスキップして適用でき、ダウングレードなども容易である。
よくBootloader Unlockと混同されがちだが、S-OFFはセキュリティがOFFになるだけとなっておりブートローダーロックは解除されない。

一番大きな利点としてはRUUをあてる条件が無くなるということです。
これによりソフトブリック状態からの回復やダウングレードが簡単に行うことが出来るということですね。
しかし、Security OFFという名の通り、脆弱性を今まで以上に簡単に突かれてしまうということなので必要が無ければやらない方が良いという話も聞いたことがあります。

本当に必要かどうか考えてから行いましょう。


私の場合、Stock状態でかなり満足し、不便も無かったためroot化すらせずに使っていました。
しかし、このタイミングを逃すと(端末アップデート等により)今度はいつS-OFF出来るか分からなかったため、行いました。


S-OFFの実行

※スマホの改造はあらゆる面で自己責任です。それを踏まえた上でroot化等行ってください。

ではS-OFFを行っていきます。
使うツールはSunShineというものです。(25USDかかります。)
また、念のためバックアップは必ず取っておいてください。
私が実行した環境は以下の通りです。

HTC One M8 (M8_UL)
4.18.708.12(香港版)
bootloader unlock済み
SuperSU導入済み(root化済み)
※ただしroot化は必要でない可能性があります。


SunShine


SunShine bootloader unlock / s-off

こちらから最新版をダウンロードし、端末にインストールをします。
そして実行してください。(ちなみに最新版ではないものを使ったら新しいものを使えと怒られました)




ライセンス等の説明は飛ばして、ここからS-OFFが可能かどうかのテストが行われます。





私の端末の場合、root化を行っていたため、権限の許可を求められ、テストが行われました。
この後ライセンスを購入します。


また、非root端末だと以下のようなメッセージが流れます。



では続きます。



Paypalかカード払いが可能です。
私は念のためPaypalを選び、支払いました。




支払い後、ライセンスが取得されます。



この後、端末が再起動します。



再起動後、アプリが自動的に立ち上がり、上のメッセージが出ます。



「CONTINUE」をタップし、端末の電源が切れれば終了となります。



Super CID化


アンロックやアップデート等のCIDチェックを回避するためのものです。
香港版に台湾版のRUUを焼きたい、という方はやっておいた方が良いと思いますが、特にそういったことを考えていない人はやらなくても良いと思います。

fastbootモードで以下のコマンドを使います。

fastboot oem writecid 11111111

11111111の部分は任意の数字を8回羅列するものでも良かった気がします。


以上となります。
あと1年ほどはアップデートが見込めそうですが、その後はカスタムROM等で遊ぼうと思っています!

0 コメント:

コメントを投稿

Google+ Badge

お世話になっているサイト様

HTCの情報を発信しているサイトです。

HTC端末の改造などについて解説をしているサイトです。Sense 6 ROMも公開されています。

Xperiaのrootkitなどを公開されています。こちらのブログでもprerooted.zipなどでお世話になっています。

NexusやLG G2などの改造、Android全般のカスタム関係について解説しています。

主にHTC端末のカスタムについて解説をしています。

いわゆる154氏のサイトで、GXのカスタムROM等公開されています。

※勝手にリンクさせていただいております。何か不都合または紹介文の変更等ある場合はご連絡ください。

所持端末一覧

IS05(2.3.4)
HTC EVO WiMAX(4.4.4)
HTC EVO 3D(5.1.1)
Nexus 7 2012(7.0)
Xperia GX(5.1.1)
Motorola RAZR(6.0.1)
P-01D(2.3.4)
HTC J butterfly(7.1.2)
Xperia Z(7.1.2)
HTC J One(7.1.2)
HTC One M8(6.0)
Moto 360 1st gen(6.0.1)
Nexus 9(7.1.1)
NVIDIA SHIELD Pro(7.0)
Moto X Style(6.0)
Powered by Blogger.