主にAndroidのカスタマイズ関係について書いていきます

2015/05/22

【root化】Xperia ZをAndroid 5.0.2(10.6.A.0.454)へアップデートしました!

Xperia Zは発売からもう2年以上経っていますが、今朝(2015/05/22)からAndroid 5.0.2のアップデートが始まりました!

Zシリーズの第一弾ということで、Sonyからもユーザーからも愛されているということでしょうか。
どうやら5.1へのアップデートも考えられているようなので、まだまだ楽しめる端末なのではないでしょうか!


※現在アップデート後にカスタムリカバリを導入するとブートループに陥ります。
→リカバリのアップデートにより解決済みです。


さて、Android 5.0へのアップデートですが、ワンクリックroot化方法は確立されています。しかし、少し怪しいということもあり、もしroot化が必要なのであれば下記のprerooted.zipを用いたroot化を行った方が良いと思います。
※スマホの改造はあらゆる面で自己責任です。それを踏まえた上でroot化等行ってください。
また、ここに書いてある方法はグローバル版Xperia Z(C6603)用のものです。ドコモ版Xperia Z(SO-02E)でも動作確認の報告はありますが、あくまで参考程度にとどめておいてください。私の方では検証は出来ません。

【20150927】ワンクリックroot化が出来るようになりました。
【root化】Android 5.0なXperia Z(10.6.A.0.454)でワンクリックroot化が出来るようになりました!

最新バージョンのroot化については、Xperia Z関連の記事から確認してください。

ftfの作成

prerooted.zip作成に必要なftfを作成します。

こちらを参考にして、ftfファイルを作ってください。
執筆時では香港版のC6603へ配信が行われているようです。
ビルド番号は10.6.A.0.454です。

prerooted.zipによるアップデートとroot化

ではroot化の準備を始めます。


必要環境

root化された状態の端末(Andorid 4.4推奨)

必要ファイル

・上で用意したftfファイル。

・prerooted.zip
キューブ実験室: 【Xperia】Z1 Compact化とLollipopアップデートとroot取得を同時に行うpre...: 先日、グローバル版の各種XperiaにAndroid 5.0.2(Lollipop)がきましたね。 手持ちのSO-02F(Xperia Z1 f)でも手軽にLollipopが試せるのでは!ということで、久しぶりに焼き焼きしようと思いました。 非rooted環境で良いのであれ...

prerooted.zipの雛形は毎度おなじみのキューブさんのものを使わせていただいております。
ありがとうございます!

こちらからprerooted.zipをダウンロードしておいてください。


手順

1) 10.6.A.0.454のftfからsystem.sin、kernel.sin、rpm.sinを取り出します。
ファイルの取り出し方など詳しくはこちらをご覧ください。→【root化】Xperia GXにAndroid 4.3(9.2.A.0.295)を焼いてみました!

今回作成したftfファイルの名前は「C6603_10.6.A.0.454_Customized_HK.ftf」を使っているので、コマンドは以下のようになります。他のftfファイルを使った場合は該当箇所を書き換えてください。

7za e C6603_10.6.A.0.454_Customized_HK.ftf system.sin
7za e C6603_10.6.A.0.454_Customized_HK.ftf kernel.sin
7za e C6603_10.6.A.0.454_Customized_HK.ftf rpm.sin


2) Flashtoolを使ってsinファイルを展開していきます。
Flashtoolを起動し、Tools→Sin Editorを選択します。先ほど抜き出したSinファイルを指定し、「Extract data」を実行します。

出来るファイルは以下の通りになりました。

system.ext4
kernel.elf
rpm.unknown

さて、こちらのrpm.unknownですが、本来であればrpm.elfになるはずなのですが、バグでしょうか。
とりあえず「rpm.elf」にリネームをしておきます。


3) system.ext4、kernel.elf、rpm.elfをダウンロードしたtwrp_prerooted_Z1C_lollipop.zipへ圧縮します。
コマンドは以下の通りとなります。

7za a -tzip twrp_prerooted_Z1C_lollipop.zip system.ext4
7za a -tzip twrp_prerooted_Z1C_lollipop.zip kernel.elf
7za a -tzip twrp_prerooted_Z1C_lollipop.zip rpm.elf


4) 作成したzipをカスタムリカバリからインストールします。
カスタムリカバリはこちらです。(Android 4.4.4では問題なく使えます)
-=[XZDualRecovery]=- PhilZ Touch 6.59.0 & CWM 6.0.5.0 & TWRP 2.8.6.0

※Androidバージョンが上がるため、可能な限りデータワイプも含めたクリーンインストール推奨です。バックアップは必ず取っておきましょう。


5)カスタムリカバリを導入しましょう。
キューブ実験室より
[9]そのままだとricが生きたままなので、ric無効化を兼ねてカスタムリカバリを導入
DualRecovery等はrootさえ獲れていればインストールできます。ric対策も含まれています。
とあるため推奨です。
※root化後、XZ-lockeddualrecovery2.8.15-RELEASE.installer.zip/XZ-lockeddualrecovery2.8.15-RELEASE.flashable.zipを導入したところブートループしました。2.8.12及び2.8.15でブートループを起こしているようです。カスタムリカバリは更新待ちとなりそうです。その間ric対策は行うことが出来ません。
リカバリが更新され次第、お伝えします。

しかし現状、4)までの状態で/systemがrwでリマウントできています。書き込みも可能となっています。もしかしたらric対策をする必要はないのかもしれません。

→リカバリが更新されました。
2.8.17よりブートループしない、という報告もあります。
私は最新版である2.8.20を導入し、問題なく利用できています。

-=[XZDualRecovery]=- PhilZ Touch 6.59.0 & CWM 6.0.5.0 & TWRP 2.8.6.0
こちらから最近の物をインストールしましょう。
ROMと一緒に焼く場合はflashable.zipを、端末の起動後にインストールする場合は、installer.zipを使ってください。


6)
以上で終了です。





全アプリ終了ボタンが追加されましたね。(どうやらまだマテリアルデザインではないようですが……)


全体的な動きはかなり良いと思います。(もちろん、Lollipopのアニメーションの効果もあると思いますが……)

それにしてもXperiaは結構AOSP寄りになってきているような感じがします。
5.1の更新も楽しみですね!

  15 件のコメント:

  1. so02e でも できますよ。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      もちろん、出来ると思いながら書いておりますが、注意書きにもある通り検証はC6603のみで行っているので、出来るという保証はなく、このような形で書かせていただいております。

      削除
  2. ブートループに陥りました
    解決方法はあるでしょうか

    返信削除
    返信
    1. C6603であれば10.5.A.0.233のftfを焼き、キューブさんの作ったroot化ツールでroot化、リカバリを導入してprerooted.zipを適用する、という形になると思います。

      削除
    2. 返信ありがとうございます
      指摘くださった手順通りやったのですが、TWRPでprerooted.zipをインストールした後再起動の画面でsonyと出た後真っ暗になってしまいます
      再びの質問になって申し訳ないのですが、解決策はありますでしょうか

      削除
    3. となると、prerooted.zipに問題がありそうですね。
      作ったファイルのサイズはどのくらいの大きさでしょうか?
      私の場合、1.14GBくらいです。もし、それに満たないのであれば、system.sinを、system.ext4へ展開する際に上手く言ってないものだと思います。

      削除
    4. prerooted.zipが180MBほどしかなかったので、作り直したところ無事にroot化できました!!
      丁寧にありがとうございました

      削除
  3. SO-02Eで問題なく成功しました。動作も良好です。参考までに

    返信削除
    返信
    1. 報告ありがとうございます!
      2年前の端末であっても、良く動いてくれるのは楽しいですよね!

      SO-02E報告がたびたびあるため、最初の注意書きの書き方を少し変えました~

      削除
  4. ftfに 何かの.xml が入っていると ブートループするようです。

    返信削除
    返信
    1. XperiFirmで作ったftfにはそういったファイルが入っており、上手く起動できないみたいですね。こちらを参照してみてください。
      https://androplus.org/Entry/355/
      今回Flashtoolで作ったftfには入っていなかった気がします。prerooted.zipを作る場合は、ststem.sin、kernel.zin、rpm.sinの3つのファイルしか必要でないため、fwinfo.xmlについて心配する必要はないと思います。

      削除
  5. 理由が全く分からないのですが、docomo uimカードだけが認識しません。
    (ftfは香港版を使いました)
    ワイヤレスゲートsimなどのdocomo回線使ったsimは認識して通信もできるんですが…。
    なんででしょうかね…。

    返信削除
    返信
    1. FOMASIMだと認識しない人はいた気がしますが……。

      もしくは単純にSIMカードの劣化でしょうか。
      その様子ですと、SIMカードの差し替えは結構行っているようですし……。
      他の端末にそのSIMは差してみましたか?

      削除
  6. 2.8.17から(現在最新2.8.20)無限ループの不具合は修正されたようです。

    返信削除
    返信
    1. ご報告ありがとうございます。
      2.8.20にて確認をし、上記記事を更新しました。

      削除

Google+ Badge

お世話になっているサイト様

HTCの情報を発信しているサイトです。

HTC端末の改造などについて解説をしているサイトです。Sense 6 ROMも公開されています。

Xperiaのrootkitなどを公開されています。こちらのブログでもprerooted.zipなどでお世話になっています。

NexusやLG G2などの改造、Android全般のカスタム関係について解説しています。

主にHTC端末のカスタムについて解説をしています。

いわゆる154氏のサイトで、GXのカスタムROM等公開されています。

※勝手にリンクさせていただいております。何か不都合または紹介文の変更等ある場合はご連絡ください。

所持端末一覧

IS05(2.3.4)
HTC EVO WiMAX(4.4.4)
HTC EVO 3D(5.1.1)
Nexus 7 2012(7.0)
Xperia GX(5.1.1)
Motorola RAZR(6.0.1)
P-01D(2.3.4)
HTC J butterfly(7.1.2)
Xperia Z(7.1.2)
HTC J One(7.1.2)
HTC One M8(6.0)
Moto 360 1st gen(6.0.1)
Nexus 9(7.1.1)
NVIDIA SHIELD Pro(7.0)
Moto X Style(6.0)
Powered by Blogger.