主にAndroidのカスタマイズ関係について書いていきます

2015/10/24

Android/iPhone両対応のDAC内蔵イヤホンであるZ:EROⅡの試聴をしてきました!

さて、スマートフォンの普及により、通勤・通学時にスマホで音楽を聞く人や、YouTubeなどで動画を見る人が増えていると思います。
コンテンツが充実してきて、普通のイヤホンでは物足りなくなってきた、という方いらっしゃらないでしょうか?


今回、Zorloo(ゾリュー)から発売されているDAC内蔵イヤホン、Z:EROⅡの試聴が秋のヘッドフォン祭で出来たので軽くレポートしたいと思います!

DACとは?

「Digital-to-Analog Converter」の略であり、デジタル信号をアナログ信号に変換するための装置です。

普段スマホで音楽などを楽しむ時はイヤホンを使うと思うのですが、その際、

音楽データ
↓(デジタル信号)
スマホ内蔵DAC(デジタルからアナログへ変換)
↓(アナログ信号)
イヤホン(アナログ)

という経路を辿って音が変換され、聴くことが出来ます。
しかし、スマホ内蔵DACの性能により音質が左右されることと、スマホ内でDAC→イヤホンまでのアナログ信号にノイズが乗ってしまい、音が悪くなってしまいます。


音が悪くならないようにするために、外付けDACを使っている人もいます。

こちらは外付けDACまで音楽データがデジタル信号として送られ、DACでアナログ信号に変換、その後直接イヤホンへ送られるという経路から、ノイズが乗らないのが特徴です。

このように外付けDACを利用するとより良い音を楽しめるのですが、画像のように大きいものが多く、手が出しにくいと思われます。


さて、今回紹介したいイヤホンは、DACを内蔵イヤホンであり、外付けDACのように大きく手が出しにくいものではありません。
デジタル信号をイヤホン内でアナログ信号へ変換するため、ノイズが乗らないのも特徴です!


Z:EROⅡ


公式サイトは上になります。
こちらがDAC内蔵イヤホンであり、スマートフォンとはmicroUSBで接続を行います。

詳しい情報などは上記サイトを御覧ください。

また、スマートフォン互換ではXperiaやGalaxyを始めとしたスマートフォンが並んでいますが、USB OTGに対応している端末であれば基本的には利用出来ると思われます。
(USB OTGについてはAndroid 3.1でネイティブで対応しているので、それ以降のバージョンのAndroid搭載端末であれば問題ないかと思われます。)


写真での紹介


こちらがDAC内蔵イヤホンのZ:EROⅡです。

カラーバリエーションは「レッド」と「ゴールド」の二種類あり、写真はゴールドです。
イヤホンコードのデザインもこだわっており、DAC内蔵イヤホンということで普通のイヤホンとの差別化がされています。
担当者の方に聞いたところ、最初はこのコードのデザインは受け入れられづらいと思われていたものの、発売後の受けは良いそうです。私も、黒い味気ないコードよりも凄く良いと思いました。

また、写真で見える通り、接続はmicroUSBです。



もちろん、Androidスマートフォンだけではなくパソコンでも利用できます。
その際はこのような変換アダプターを噛ませます。



また、Apple純正ライトニングUSBカメラアダプターを利用することで、iPhoneとも接続ができます。


聞いてみた率直な感想

  • 音の広がり、奥行き感が表現されている
  • 低音重視で厚みのある音
  • 音楽よりも動画視聴やゲームプレイ寄り
あくまで私の個人的な感想です。
もちろん音の好みなど人によって違いますが、低音重視で音楽を聞いている人にはぴったりかも知れません。
こんなに低音出るの??
と驚きました。

何より、DAC内蔵ということで母艦となるスマートフォンのスペックによらず、良い音を楽しめるので気になった方はぜひ手にとって見てください!

オンラインショップはこちらです。

ただ、利用中のスマートフォンで使えるかどうかを判断するためにも、一度実際に聴くことをおすすめします。


Zuper DAC

さて、Z:EROⅡ目当てで秋のヘッドフォン祭へ行ったのですが、1つ気になるものが……。


どうやらUSBDACのようです。
私はイヤホンとかの知識はほとんどなく、上で挙げた外付けDACのように大きいものばかりだと思っていたので、びっくりしました(調べてみると小さいものもあるんですね)。



こちらもOTGケーブルやライトニング変換アダプターを使うことでAndroid/iPhoneで使うことが出来ます。

ZuperDAC – Portable HiFi Music, Anytime, Anywhere

こちらはハイレゾに対応したDACで、ESS社の高級DACを搭載しているのだとか。
発売はまだ先なのですが、今回開発途中のものがあったので聴かせてもらいました。

びっくりしましたね。

Z:EROⅡが奥行き等を表現した動画・ゲーム向けのイヤホンであるならば、ZuperDACは純粋に音楽を楽しみたい人向けであるような気がします。

元の音源を忠実に再現していて、しかもかなり音が良いため、聴いた瞬間に唸ってしまいました。
完敗です。
開発途中のものでこれだと、最終版はどうなってしまうのでしょうか……?

※あくまで個人的な、イヤホン初心者の感想です。ご注意ください。


秋のヘッドホン祭り 2015

明日(10/25)まで中野サンプラザで開催されている秋のヘッドフォン祭の13F eme audioブースで上で紹介した製品が展示・試聴されています。

興味がある方は行ってみてはいかがでしょう?

また、12月に秋葉原で行われるポタフェスでも出展予定であるみたいなので、気になる方はそちらもチェックしてみてください。


スマートフォンでも音にこだわれる時代がやってきそうですね。凄く楽しみです!!

0 コメント:

コメントを投稿

Recent Posts

Google+ Badge

Blog Archive

お世話になっているサイト様

HTCの情報を発信しているサイトです。

HTC端末の改造などについて解説をしているサイトです。Sense 6 ROMも公開されています。

Xperiaのrootkitなどを公開されています。こちらのブログでもprerooted.zipなどでお世話になっています。

NexusやLG G2などの改造、Android全般のカスタム関係について解説しています。

主にHTC端末のカスタムについて解説をしています。

いわゆる154氏のサイトで、GXのカスタムROM等公開されています。

※勝手にリンクさせていただいております。何か不都合または紹介文の変更等ある場合はご連絡ください。

所持端末一覧

IS05(2.3.4)
HTC EVO WiMAX(4.4.4)
HTC EVO 3D(5.1.1)
Nexus 7 2012(7.0)
Xperia GX(5.1.1)
Motorola RAZR(6.0.1)
P-01D(2.3.4)
HTC J butterfly(5.0.2)
Xperia Z(7.1.2)
HTC J One(4.4.2)
HTC One M8(6.0)
Moto 360 1st gen(6.0.1)
Nexus 9(7.1.1)
NVIDIA SHIELD Pro(7.0)
Moto X Style(6.0)
Powered by Blogger.