主にAndroidのカスタマイズ関係について書いていきます

2015/12/24

Android 6.0にアップデートしたHTC One M8でマルチウィンドウを有効化させてみました!

さて、2週間ほど前にAndroid 6.0 Marshmallowのアップデートが開始されたHTC One M8ですが、Android 6.0で隠し機能として実装されているマルチウィンドウを有効化してみました!


余談ですが、なぜこの記事を書くのにここまで時間がかかったかというと、1週間前にマルチウィンドウ化している時に、少しだけミスをしてしまい、バックアップを取っていなかった結果RUUをやり直し、アップデートがなかなか降ってこず……。
バックアップは大切ですよ……。

※スマホの改造はあらゆる面で自己責任です。それを踏まえた上でroot化等改造を行ってください。


さて、Android 6.0へアップデートしたM8の開発者向けオプションを見てみると、マルチウィンドウは特に見当たりません。

したがって、Nexus端末と同様にbuild.propを編集して、マルチウィンドウを有効化します。

方法は次の2通りがあります。

  1. build.propをESファイルエクスプローラなどを用いて端末上から編集する(要root化)。
  2. カスタムリカバリを起動している状態で、build.propを抜き出し、編集し、入れなおす。
私はroot化を行っていないので、2の方法を用いました。


build.propの62行目を書き換えます。編集前は以下の通りです。
ro.build.type=user
このuserをuserdebugに書き換えます。
ro.build.type=userdebug

このようになりました。



build.propの書き換えを行い、再起動をすると、マルチウィンドウモードというメニューが出ましたね。



注意事項は上の通りとなります。



有効にしてみると、Nexus端末と同様に、四角いマークがアプリ履歴に出ているのが分かります。



スマートフォンなので、上下2分割までですね。



二分割をしてみると、このようになります。
ただ、試験的な機能であるので、特に文字入力の際に変な挙動をすることもあります。




マルチウィンドウモードですが、アプリ履歴がカードビューになっていれば表示されるのですが、グリッドビューでは利用できません

私はグリッドビューを使っていたので、こちらについては残念としか言えないですね。

アプリの固定(画像の画鋲マーク)のようにアイコンを出してくれたら良いのですが……。


Androidの次期アップデートにてマルチウィンドウが実装されるという噂が出ていますが、HTCはどのように実装してくるのか、楽しみですね。

※OTAを適用させる場合は、チェックが入るため、編集前のものに戻してください。
なお、データのワイプをしなければ、マルチウィンドウ機能は有効のままです。

0 コメント:

コメントを投稿

Google+ Badge

Blog Archive

お世話になっているサイト様

HTCの情報を発信しているサイトです。

HTC端末の改造などについて解説をしているサイトです。Sense 6 ROMも公開されています。

Xperiaのrootkitなどを公開されています。こちらのブログでもprerooted.zipなどでお世話になっています。

NexusやLG G2などの改造、Android全般のカスタム関係について解説しています。

主にHTC端末のカスタムについて解説をしています。

いわゆる154氏のサイトで、GXのカスタムROM等公開されています。

※勝手にリンクさせていただいております。何か不都合または紹介文の変更等ある場合はご連絡ください。

所持端末一覧

IS05(2.3.4)
HTC EVO WiMAX(4.4.4)
HTC EVO 3D(5.1.1)
Nexus 7 2012(7.0)
Xperia GX(5.1.1)
Motorola RAZR(6.0.1)
P-01D(2.3.4)
HTC J butterfly(7.1.2)
Xperia Z(7.1.2)
HTC J One(7.1.2)
HTC One M8(6.0)
Moto 360 1st gen(6.0.1)
Nexus 9(7.1.1)
NVIDIA SHIELD Pro(7.0)
Moto X Style(6.0)
Powered by Blogger.