主にAndroidのカスタマイズ関係について書いていきます

2017/07/06

HTC One M8の外装交換をしました!

さて、購入から三年、今でもサブ機として(現在は主にポケモンGO用に)毎日持ち歩いているHTC One M8ですが、ついに外装交換を行いました。

かなり好きな端末なのですが、Dot View利用時代に落としまくり、アルミのバックカバーにかなり傷がついていました。交換の様子を少し紹介したいと思います!(たまにはこういう記事も良いよね)

※外装交換を行うと端末の保証が切れる可能性があります。行う場合は自己責任でお願い致します。


購入パーツ

HTC One M8の外装(バックカバー)を購入しました!で紹介しているバックカバーと、フロントスピーカーカバーの二つです。
特にフロントスピーカーカバーは、剥がす際に変形してしまう可能性が高いので、交換を考えている方は、用意しておいたほうが良いかもしれません。

外装交換

フロントスピーカー部分をドライヤーで熱し、接着剤が剥がれやすくなるようにします。

ある程度熱したら、カッターなど薄いものでカバーを持ち上げ、ギターピック等を差し込みます。
その後はカバーを熱しながら剥がしていきます。

スピーカーカバーを剥がすとこのような感じです。剥がした直後は接着剤の残りやゴミが溜まっているので、綺麗にします。
画像左側は、接着剤を取り除き、、無水エタノールで拭き取ったあととなります。

バックカバーを固定しているネジを外していきます。

ネジは2種類あり、端末の上部スピーカーにプラスネジ2個(画像右)、下部スピーカーにトルクスネジ4個(画像左)となっていました。個数が違うので交換時に間違えることはないと思います。

ネジを外し、バックカバーを外すとこのような感じになります。

交換用カバー(左)と取り外したカバー(右)を比較してみます。
カメラ部分のガラスは本体側についているので、取り外します。またNFCセンサーは交換用カバーについていなかったので、これを移植しました。

あとは、カバーを装着し、ネジで止め、フロントスピーカーカバーを貼り付けて完成です。
これで美しいM8に戻すことが出来ました!
かなり好きな端末であるので、まだまだ使っていきたいです!

おまけ

先日みなとみらいに夜景撮影の練習に行ったときに、M8でも撮影してみました。

撮影はマニュアルモードで、ISOを100にし、シャッタースピードを色々変えながら撮ってみました。
拡大すると微妙ですが、遠目に見る分にはよく撮れていると思います。

今夜HTC U11のレビュー端末を受け取る予定なので、カメラの進化を体験してみたいと思います!

0 コメント:

コメントを投稿

Google+ Badge

お世話になっているサイト様

HTCの情報を発信しているサイトです。

HTC端末の改造などについて解説をしているサイトです。Sense 6 ROMも公開されています。

Xperiaのrootkitなどを公開されています。こちらのブログでもprerooted.zipなどでお世話になっています。

NexusやLG G2などの改造、Android全般のカスタム関係について解説しています。

主にHTC端末のカスタムについて解説をしています。

いわゆる154氏のサイトで、GXのカスタムROM等公開されています。

※勝手にリンクさせていただいております。何か不都合または紹介文の変更等ある場合はご連絡ください。

所持端末一覧

IS05(2.3.4)
HTC EVO WiMAX(4.4.4)
HTC EVO 3D(5.1.1)
Nexus 7 2012(7.0)
Xperia GX(5.1.1)
Motorola RAZR(6.0.1)
P-01D(2.3.4)
HTC J butterfly(7.1.2)
Xperia Z(7.1.2)
HTC J One(7.1.2)
HTC One M8(6.0)
Moto 360 1st gen(6.0.1)
Nexus 9(7.1.1)
NVIDIA SHIELD Pro(7.0)
Moto X Style(6.0)
Powered by Blogger.